プルプル体験記★そのプルプルには訳がある!

プルプル食堂。

その名前を聞いたとき、Pull! Pull!  「引っ張れ!引っ張れ!」かけ声が頭に響いた。きっとオーナーが歩んだガテン系の人生経験が反映されているに違いないと。勝手な印象。でも見事に裏切られました!

浦安を内陸に行くと主要幹線を入り込んだところにプルプル食堂はありました。
まるで深海に浮かぶ竜宮城のように煌びやかな灯りが住宅街を照らしていたのです。
ネオンが輝き、黄金の提灯。そしてスポットで照らされた「本気」の文字!
突き抜けています。もうこれだけで想いが伝わって来ます。

店内いきなり、壁には猪木とモハメドアリの実況中継。
全日本プロレス!
なめ猫

んんー!熱く生きる事が完全肯定された時代!そう80s!
テクノカット、竹の子族、ローラー、サーファー、ロックンロール!
アイドルも熱かった。

そんな熱気がこの空間を占めている!凄いぞプルプル!
で、ラーメンがコレだ!
チャーシューが厚い!高さもすごい!マグマがくすぶっているようだ!

このチャーシュー、モンドセレクション金賞なんだって!
問答無用にすごいぜ!オーナーが理容師でシャンプーでモンドセレクションを獲得。
そのカラミで金賞取った。これも熱い話。

食べ終わるとベンチに黒板がかけてあった。
こんな心遣いがすごいよ。熱いよ。手ぬかり無し!リスペクト!

持ち帰りのチャーシューを買って帰ると家族に大好評。
8才の娘は行ってみたいと言っていました。

ちょっと2000年代の子供には刺激が強いかな。
欲望が渦巻く80年代の世界は。

【VMDセミナー横浜】お客様に本質的なメッセージを送ること

VMDセミナー

VMD? パンツのメーカーではありません。

ヴィジュアル マーチャン ダイジング 商品の見せ方の事です。

㈱ライトハウス代表の藤井さんが主催するセミナー

「VMDセミナーin横浜」

ちょうど雑貨店のリニューアルがあり行って来ました!

会場はロクカフェ。不思議な造りです。

日本家屋とダイナーがミックスした感じ。

名前もロク=縁とROCKの掛け合わせかもしれません。

講師の藤井さん。

まず、言葉がいいです。クリアで無駄が無い。

論理の構成、立ち位置が明確に把握できます。

今回の収穫として「1センテンスに絞る」

これは自分にとって非常に重要でした。

内容は具体的、かつ実践的。

さまざまなヒントを得る事ができました。

 

アパレルは殺されちゃいない

斜陽産業の象徴として物騒な本まで出てきた、アパレル。

この問題は避けて通れません。

藤井さんのスタンスは

「実店舗だから、やる事がある!」

数字や金額も大事です。数値化できない思いを形にすることも大事。

まだまだアパレルは死なない。

 

セミナーの感想

本当に素晴らしかったです。

VMD=メッセージ。

ビジネスそれ自体がメッセージのはずです。

お客様に本質的なメッセージを送ること。

 

ココシャネルが言ったように「自分そのものが作品」と共通する感覚です。

シャネルはまたこう言ってます。

「モードは殺すために作られるものでもある」

 

古い殻を脱ぎ捨てなくてはいけません。

最新でいるためには、過去の自分を殺す覚悟も必要なんだ。

そう強く思えた素晴らしいセミナーでした。