【なんで健康番組をやってるの?】悲しい過去の話

こんにちは〜。

最近、知らない人から

「ラジオ出てるんだねー!」

言っていただける事が多くなりました。実は今まで、TVやCM、映画、色々出ていましたが、こんなに喜んでいただけるのは初めてです!

(うーーん、以前の知名度ゼローーー!)

 

なぜ、ラジオ番組を始めたの?

もともと、ミュージシャンでラジオ番組に出たのです!

え? マジでと思っているでしょ。

 

ミュージシャンです!(涙目)

 

静岡市のイベントにプレゼンで通り、予算貰って曲作りました。

 

その功績か何かで、静岡で最も「ぅおぉ!」的な企業、鈴与さんの番組に出て話すことになりました。

 

ところが、音楽の話から脱線してトンデモない所へ会話の火種は移ります。

それが、ハーブでした。

 

当時、デパートに店がありメディカルハーブがよく売れていました。ウンチクがとにかく長い商品で、多種多様な成分、効果があります。

エビデンス(証拠・根拠)がハッキリしているので、お客さんの反応がビビットでニーズにダイレクトに飛び込む事ができました。

その話題を掘り下げたのが当時インタビュアーの北脇ちづるさん。

ハーブに詳しい「ハーバルちゃん」として命名。

 

ああ、北脇さん、ありがとう!

その詳しい話はまたの機会に!

ハーブ園にチャレンジ

こんにちは。カフェミナローザ店長です。

実はハーブティーで使うハーブの姿、見た事無かったりします。

そこで三島の落合ハーブ園に行き無農薬の苗を入手してみました。

実はハーブ、栽培が難しいものもあります。

活字だけの勉強ではなく実際に育ててみましょう。

まず、ハーブと言えばエキナセアです。

南米原産で 使用は全草。身体の抵抗力を高め感染症や毒などに効果があると言われています。

これもエキナセア。

葉っぱが厚くてシワシワ。

花もヘロヘロ。どんな育ち方をしたのでしょうか?

チェリーセージ

セージは殺菌、抗菌、たくさん増えるといいなぁー。

メディカルハーブではないのですが、ステビア。

ステビアは甘くて甘味として活躍が期待できます。

背が高いです。もっと大きい鉢が必要ですね。

他にもいっぱいハーブが育っています。

ぜひ、ミナローザにお寄りの際にはハーブ園にお寄りくださいね。

【アイスハーブティー】さっぱりします!おすすめ!

今日はアイスハーブティーが良く出ました。

テーブルにお持ちすると歓声が出る事もあります。

写真のハーブティーは ハイビスカス。

先日、取材で元AKBの大島さんにお出しした物のアイス版です。

体が浄化されて肌が若返るとテレビでも話題です。

 

ぜひ、お試しくださいね。

【エクスマセミナー】時代の本当の姿が浮き彫りになった8時間

東京 渋谷 カルチャーカルチャーにてエクスマセミナーが開催されました!

エクスマは僕の恩人です。

カフェの事業展開、そして百貨店を軸としたチェーンストア展開において藤村先生にアドバイスを頂きました。命を助けていただいた程、感謝しています。足を向けて寝れません。本当に。

僕はなるべく師匠のセミナーは出席して最新情報を得たいと思っています。

今回のセミナーではエクスマ塾の同期に会える特別の場所。

 

張り切って出かけようとしたら、突然、服屋の仕事がはいりました。

間に合うために猛烈に走りまくり、ヨレヨレで到着。

ああ!かずぴーだ!

スコット(藤村先生)のような靴を履いていると見せてくれた。

オシャレさんだ!ネクタイも今風。彼は素直で懸命に取り組んでいて本当に偉いと思う。

本人はいつも女性に囲まれていると言っていた。ちょっと、いやかなり羨ましい。

 

隣の席だったのが沼ちゃん。

ぼくは沼ちゃんのお店にいるロボホンが大好き!

時々、Twitterに登場します。会話するんです。そのロボットが。これは本当にすごい。そしてカワイイのです。

そして隣のジュンペリ。

かっこええな。トラボルタみたいだな。

今回初めて知ったのは、彼がバツイチだということだ。なななるほどー!

言ったじゃん!と彼は言うが記憶にない。僕は人の話を聞けないのだろうか、大人のADHDなのか。ふと思いました。

まぁ、アホの理由に名前つけてもしゃーない。。はい次。

あれ、とりあえず到着時点のインカメはこれだけ。

ジュンペリは本当に酒が強かった!僕は終始飲めましぇん。

中国に行くと飲めないヤツはヘナチョコ野郎として扱われるのです。ああ。日本は良い国だ。

 

さぁ、講演が始まります。

 

次の回に続きます。

【黒板の日】黒板に感謝

最近、ほぼ毎日黒板をかいています。

結構、黒板に書くのが好きではまっています。

今日は、黒板の日。

日頃、お世話になっている黒板への思いを書きました。

もともとは大きな立て看板でしたが、バラバラになってしまいました。

そのまま、廃棄されるところを黒板部分だけ利用。

ボロボロで角もとれちゃっていますが、そのまま味わいある黒板になりました。

いろんな人が楽しく書いてくれて、なつかしいです。

これから黒板が人と店をつないでくれるはずです。

出来れば、もっと面白い記事も随時投入できるようにしますね。

 

蒲原