なぜ、サッカー・音楽・ファッションは時代を魅了するのか?

世界最大のスポーツの祭典、FIFAワールドカップ!日本、善戦しましたね!

日本 対 ベルギー素晴らしい試合でした!

 

実はサッカーが好きで隣の街、藤枝MYFCの個人(小口)オーナーの一人です!たまに応援に行きます!

(もっと発信しろよ〜!と自分でも反省!)

実はサッカーと音楽とファッションの根っこが同じではないか

強く確信した出来事がありました。

 

横浜で行われたVMDセミナー。

株式会社ワールドの店舗開発を30年していたマットが講師でした。

V=Visual MD=Merchandising
ビジュアルマーチャントダイジング。
商品を購入へ導く見せ方という意味です。

現在、店のコンセプトを前面に打ち出した改装を控えています。マットの知性からヒントを得たいと思いました。

マットのセミナーは実践的!そのエッセンスと偶然の融合で面白いインスパイアーを得る事ができました!

それは懇親会で放映された日本対ポーランド。

ポーランド選手、3拍子!パスのタイミング3拍子、タタター!

点を取られたセットプレー。
セットプレーも蹴るの ワンツー スリー!

一番外を走りこむ選手がわかりやすいのですが
走るの3拍子!タタタ タタタ!もろ3拍子です!

こんな事言ってるサイトも無かったので音楽の先生に相談。

「確かに3拍子だ」

驚愕しました。ポーランドと言えばポロネーズ。4分の3拍子!あのショパン。英雄ポロネーズが有名。すごいな!民族の持つ個性、特性は形を変え表出するんだと感心!

 

「あ!VMDもそうだ!」

マットのセミナーで学んだ内容とある閃きが融合しました。

 

ファッションがVMDで見せたいもの
流行って何?トレンドはなぜ生まれたか?

 

VMDの根源であるファッションのシステムはパリで発明されました。パリ万博でジャポニズムが席巻。モネ、ドガ、ゴッホといったエコール・ド・パリと呼ばれる印象派がセンセーションを巻き起こしたのは有名ですね。

「ジャポニズム」の画像検索結果

「エコール・ド・パリ 浮世絵」の画像検索結果

(Wkipedia より)

ちょうど、産業革命が行き渡り中産階級が興ります。
ティモニエにより開発されたミシン。1860年アイザック・シンガーにより大量生産が可能に。衣服の世界でもポールポワレが「キモノスリーブ」を発表。ブームに迎合します。

(Les Modes de la femme de France)

ギャラリー・ラファイエット」が劇場の手法を用いてライフスタイルを提案。百貨店の出現です!

(パリに行った時に撮影しました。確かに劇場みたい!)

大量生産により、prêt(プレ)「用意ができている」porter(ポルテ)「着る」プレタポルテが消費の中心になります。そうファッションが流行というシステムを作り大量生産を行いVMDで売る!

(モードを体感するってこれかー!マットのおかげで様々な情報が連結!)

前置きが長くなりましたが、ファッションもモードという文化的背景が背骨にあります。もっと踏み込んで言うなら民族文化を取り込みビルドしスクラップして(シャネルがポワレをすり潰したように)新陳代謝に繋げてきました。ファッションが消費の中心だったのも頷けます。

 

音楽のモードも同じ

 

この文章のテーマの一つでもある音楽。
音楽もモードがあり、ファッションのモードと共通点があります。これも「民族」なのです。

Cのモード
Cからスタート アイオニアン
Dからスタート ドリアン

(そんなのあるんだ。へー。でいいです。そんな響きの話)

このモードの起源はギリシャです。
なんとギリシャの民族の特徴が旋律となっています。

ドリア=ドーリス人
ロクリアン=ロクリア人
イオニアン=イオニア人
ミクソリディアン=南リディア人

民族=音楽

余談になりますが、このモードで有名になったのが天才マイルスデイビス!

モード旋法のヒット曲「So what」
ディビスは楽譜にモードの音階だけ書いてメンバーに「これで演奏するように」言ったそうです。

この曲のモードはドリアン。ドーリス人の音階。

ドーリス人はスパルタを作り、ドーリス式という建築様式を残しました。民族から発する色彩は今も褪せる事なく私たちの生活を豊かにしています。

 

音楽とサッカーVMDの背景は同じ

さぁ、いよいよ結論です!

音楽とファッションとサッカーの相関関係が明らかになったでしょうか?モードがしっかりビジュアライズされる事

W杯サッカーでは各民族のモードが垣間見れました。

日本はどうでしょう?

日本は田植えを思わせる正確でコツコツしたパス回し。
我慢という言葉が相応しい。さすが1000兆円も溜め込んだ民族です。しかし突然、祭りのように開放する瞬間もありそこが魅力です。

ベルギーも3拍子で走ってましたね!ベルギー、オランダ、ポーランドは3拍子の踊りを共有しているそうです。強い理由はそこでしょうか?

日本は惜しいという印象ですが

シュートはベルギー24 対日本は11

枠内を捉えたのが8対4

ブロックが6対3

数値的には倍の実力の相手を日本が耐えに耐え、かつ攻めた。凄まじい戦いをよく日本代表は頑張りました!えらい!

 

ルートから生まれるモード

「モード」が影響して、音楽、ファッション、サッカーのプレースタイルにまで影響を与えてると思います。

 

世界観=モード=民族が持つリズム

それプラス、自分の根(ルート)

明確な可視化と様式の構築が必要ですね。

それが感動的なVMDだと思います。購買により社会の一員として経済を動かしている事が美術館と大きく違う所だと思います。そう、経済もモードの一部!

 

ファッションにどこの文化のどの時代、どんなリズムが流れているのか?そこまで意識できると面白そうです!

 

逆にそこが曖昧になりコモディティ化。

ファッションが時代の制服として退屈な役割を担う事になったのでしょうか?本来はダイナミックで感動的なものなんです!

 

そうそう、ルーツが大事という話のオマケで実はワールドカップ過去19大会。

優勝国は自国人の監督が率いているそうです。

自国のモードを引き寄せるのが大切のようです!

スポーツも音楽もファッションもモードから逃れられない。
いや、モードを持たないといけない!それを強みにする事が必要だと思います。

特にサッカーは久しぶりに日本を再発見する事ができました!
これからは世界の強豪のモードも楽しみたいと思います!

あと、藤枝MYFC 活躍を期待してるよーー!

【エクスマセミナー】時代の本当の姿が浮き彫りになった8時間

東京 渋谷 カルチャーカルチャーにてエクスマセミナーが開催されました!

エクスマは僕の恩人です。

カフェの事業展開、そして百貨店を軸としたチェーンストア展開において藤村先生にアドバイスを頂きました。命を助けていただいた程、感謝しています。足を向けて寝れません。本当に。

僕はなるべく師匠のセミナーは出席して最新情報を得たいと思っています。

今回のセミナーではエクスマ塾の同期に会える特別の場所。

 

張り切って出かけようとしたら、突然、服屋の仕事がはいりました。

間に合うために猛烈に走りまくり、ヨレヨレで到着。

ああ!かずぴーだ!

スコット(藤村先生)のような靴を履いていると見せてくれた。

オシャレさんだ!ネクタイも今風。彼は素直で懸命に取り組んでいて本当に偉いと思う。

本人はいつも女性に囲まれていると言っていた。ちょっと、いやかなり羨ましい。

 

隣の席だったのが沼ちゃん。

ぼくは沼ちゃんのお店にいるロボホンが大好き!

時々、Twitterに登場します。会話するんです。そのロボットが。これは本当にすごい。そしてカワイイのです。

そして隣のジュンペリ。

かっこええな。トラボルタみたいだな。

今回初めて知ったのは、彼がバツイチだということだ。なななるほどー!

言ったじゃん!と彼は言うが記憶にない。僕は人の話を聞けないのだろうか、大人のADHDなのか。ふと思いました。

まぁ、アホの理由に名前つけてもしゃーない。。はい次。

あれ、とりあえず到着時点のインカメはこれだけ。

ジュンペリは本当に酒が強かった!僕は終始飲めましぇん。

中国に行くと飲めないヤツはヘナチョコ野郎として扱われるのです。ああ。日本は良い国だ。

 

さぁ、講演が始まります。

 

次の回に続きます。

【春霞】富士山が幽玄な姿 

朝、安倍川の土手に出てみると富士山。

かすんで輪郭がほんのり朝日に照らされていました。

この光景を見た時、先行きの見えない時代を象徴しているようでグッときてしまいました。

もう何十年も失望と喪失感に苛まれて、希望も打ち砕かれてきたのです。

この幻のような富士山、昔の人もこんな色彩で見たのかな?

でも、考えたら、平和と言われた江戸時代も飢饉や疫病、火事や地震など生きて行くのに大変だったと思います。

先行きが不確かなのは当たり前。現代の私たちが安定をいただいてるのも最近の事。

昔の人も富士山を複雑な気持ちで見ていたかもしれませんね。

【スターウォーズ】ローグワン 圧倒的な音響と写実

5月4日はスターウォーズの日だそうです。

「May the force be with you(フォースとともにあらんことを)」

なるほど、劇中で良く言ってますね!

May=5月

Force=4(Fourth)

そういえば、うっかり見そびれてしまったのでにDVD借りて来ました。

まず驚いたのが音響の素晴らしさ

フルオーケストラの重厚で壮大な音楽。

メリハリの効いた切れのよいミキシング。

スペースオペラだけあって鳴り響き方が半端ありません。

 

あんまり凄かったので調べました!

音響はスターウォーズ開始時、監督だったジョージルーカスがこだわり抜きTHXという音響部門を作ったのがはじまり。

 

なんと今では独立した会社としてスピンオフしています。今度映画を見に行く時はしっかりTHX対応の映画館に行きますね。

ちなみにこんな画面

トイストーリーとかでブワーンとなっているアレです!

劇場で聞くと「ぐわーーっ大丈夫かぁー!」と驚かされます。

THX社が基準を満たしているかチェックしてそれぞれ認証を与えているそうです。

 

宇宙の音を再現する為に表現技術を開発するジョージルーカスはたいしたものです。

 

ジョージルーカスはこんな名言を残しています!

「映画というエンターテインメントの50%は音楽や音響によるものだ」

 

 

スターウォーズの主役は?

僕はてっきりルーク・スカイウォーカーだと思っていました。

じつはダースベーダーだったと、続編が出た時に知ったのです。

たしかにダースベーダーが出てこないスターウォーズは物足りません。

今回のローグワンでは最後の方になってようやく登場。

創始者であるジョージルーカスは、ダースベーダー(本名、アナキン・スカイウォーカー)にこんな思いを込めさせています。

 

アナキンが抱えている問題の根源は、執着を捨てられないことにある。諦めをつけ、自分の人生を歩むべきことに気がつかない。厭だからというだけで、太陽が昇るのを止めることはできないのだ。しかし、アナキンは執着することでさらなる力を追求し、ついには宇宙を支配できると考えるところにまで行き着いてしまう。それこそが彼の真の転落であり、悪になるということでもある。

―ジョージ・ルーカス

 

執着することにより悪に手を染めてしまう。

なんて深いストーリーなんでしょうか!

 

時に手放す事も必要ですね。

お金と美女は追うと逃げると言われています。うん。多分そうです!

 

スゴイ面白いのが彼の名言、「映画というものは、それが幻想であるところに秘訣がある」

以前の作品で宇宙なのに爆発音が鳴り響くのがオカシイと指摘され

 

「俺の宇宙には音があるんだよ!」

 

なるほどー!幻想を壊してはいけません!

 

幻想でありながら、このローグワンでは、どこかで見たような光景を大切にしています。

そう、世界中で繰り広げられる紛争、弱者の視点、混乱、憎しみ、裏切り、

場面は幻想でも感情は普遍的です。

 

そのあたりのバランスが人気の秘訣であり、最高傑作と言われる作品になっていると思います。

ぜひ、見る機会がありましたら良いヘッドホンで楽しむ事をオススメします!

【厳しい教育、優しい教育どっちが正解?】トンでもない研究結果。自分に語る言葉にも注意!

また、おバカな本を買ってしまいました。

「戦慄の人体実験」556円

その中で最も印象に残った実験がありました。

吃音治療の実験。

被験者は22人の吃音の孤児を対象に行われました。

①あなたは正常だよ。誉めてあげる教育

②厳しく、時には辛辣な言葉で指導

どちらが結果が出たと思いますか?

みなさんはどちらで言ってしまいますか?

 

普通、②で教育しちゃいますよね。

「勉強やったのか!」「だからお前はダメなんだよ!」

「他の人はできているのに!」

 

実はこの実験、②の被験者は心理的な障害を抱えてしまい、吃音が治らなくなってしまった等、人生に深刻な影響が出てしまったのです。

そのため、実験を行ったアイオワ大学相手に②の被験者が集団提訴。

大学は正式に謝罪。一人当たり一億円の損害賠償を行ったのです。

 

①の誉めて伸ばす被験者はすぐに症状は改善されたそうです。

②の被験者達は生涯に渡り実験結果に苦しんだ。

 

恐ろしい事です。これは。子供の為を思ってやる事が完全に大迷惑。

そういえば、小学校1年生の時。こんな事がありました。

学校に変な女が毎日来るのです。度付きの眼鏡した恐ろしげな人です。

同じクラスの女子の親でした。

 

全校生徒が参加する英語劇「赤ずきんちゃん」主役をゲットするためにムキになって親が圧力かけていたのです。しかも子供には猛烈なスパルタ教育。

小さな私立小学校だったので、その子「赤ずきんちゃん」無事なれました。しかし、事件は起きたのです。

 

「赤ずきんちゃーん!」うさぎの呼びかけに応じて草から出て来るはずの赤ずきんちゃんが出て来ません。おいおい。おかしいよ。

 

幕がスルスルと下り、サングラス母さんが赤ずきんちゃんに駆け寄りました。

なんとそこで見たのは、緊張のあまり お漏らしをしてしまった「赤ずきんちゃん」でした。

長い長い休憩の後、赤ずきんちゃんは再開。かわいそうにその子は劇後すぐに転校。

さよなら赤ずきんちゃん。お気の毒に。

 

子供に素晴らしい人生、素晴らしい体験、素晴らしい学歴、持ち合わせて欲しい親心。

当然だと思います。そこで否定や恐怖で矯正させようとするのは「犯罪的行為」なのです。

 

これは自分にも言えます。

「なんてバカなんだ俺は!」「人として最低だ!」「死にたいぐらいだ!」

そんな言葉をずっと自分自身に投げかけていると、何も出来なくなってしまいます。

そして人生に深い陰を落とす事になるのです。

 

家庭などで言っていませんか?

「あの人は成功しているのに、あんた全然ダメだね!」

職場仲間にもそんな事、言ってませんか?

言葉は本当に大切です!人生を台無しにする事もある劇薬でもあるのです。

 

優しい言葉こそが人を成長させるのですよ!!

 

今日の一言

言葉は人生を支配する劇薬。

言葉を選ぼう。人生を選ぼう。

 

また明日もよろしくお願いします!