【厳しい教育、優しい教育どっちが正解?】トンでもない研究結果。自分に語る言葉にも注意!

また、おバカな本を買ってしまいました。

「戦慄の人体実験」556円

その中で最も印象に残った実験がありました。

吃音治療の実験。

被験者は22人の吃音の孤児を対象に行われました。

①あなたは正常だよ。誉めてあげる教育

②厳しく、時には辛辣な言葉で指導

どちらが結果が出たと思いますか?

みなさんはどちらで言ってしまいますか?

 

普通、②で教育しちゃいますよね。

「勉強やったのか!」「だからお前はダメなんだよ!」

「他の人はできているのに!」

 

実はこの実験、②の被験者は心理的な障害を抱えてしまい、吃音が治らなくなってしまった等、人生に深刻な影響が出てしまったのです。

そのため、実験を行ったアイオワ大学相手に②の被験者が集団提訴。

大学は正式に謝罪。一人当たり一億円の損害賠償を行ったのです。

 

①の誉めて伸ばす被験者はすぐに症状は改善されたそうです。

②の被験者達は生涯に渡り実験結果に苦しんだ。

 

恐ろしい事です。これは。子供の為を思ってやる事が完全に大迷惑。

そういえば、小学校1年生の時。こんな事がありました。

学校に変な女が毎日来るのです。度付きの眼鏡した恐ろしげな人です。

同じクラスの女子の親でした。

 

全校生徒が参加する英語劇「赤ずきんちゃん」主役をゲットするためにムキになって親が圧力かけていたのです。しかも子供には猛烈なスパルタ教育。

小さな私立小学校だったので、その子「赤ずきんちゃん」無事なれました。しかし、事件は起きたのです。

 

「赤ずきんちゃーん!」うさぎの呼びかけに応じて草から出て来るはずの赤ずきんちゃんが出て来ません。おいおい。おかしいよ。

 

幕がスルスルと下り、サングラス母さんが赤ずきんちゃんに駆け寄りました。

なんとそこで見たのは、緊張のあまり お漏らしをしてしまった「赤ずきんちゃん」でした。

長い長い休憩の後、赤ずきんちゃんは再開。かわいそうにその子は劇後すぐに転校。

さよなら赤ずきんちゃん。お気の毒に。

 

子供に素晴らしい人生、素晴らしい体験、素晴らしい学歴、持ち合わせて欲しい親心。

当然だと思います。そこで否定や恐怖で矯正させようとするのは「犯罪的行為」なのです。

 

これは自分にも言えます。

「なんてバカなんだ俺は!」「人として最低だ!」「死にたいぐらいだ!」

そんな言葉をずっと自分自身に投げかけていると、何も出来なくなってしまいます。

そして人生に深い陰を落とす事になるのです。

 

家庭などで言っていませんか?

「あの人は成功しているのに、あんた全然ダメだね!」

職場仲間にもそんな事、言ってませんか?

言葉は本当に大切です!人生を台無しにする事もある劇薬でもあるのです。

 

優しい言葉こそが人を成長させるのですよ!!

 

今日の一言

言葉は人生を支配する劇薬。

言葉を選ぼう。人生を選ぼう。

 

また明日もよろしくお願いします!

「ぺこりーの」放送!ありがとうございました!

Daiich TV 人気番組 まるごと

これまた人気コーナーの「ぺこりーの」

ついにミナローザ放映です!!

img_0103_2

すごい。アングルが上手です!

このカットのために何時間も撮影。

頭が下がります。

img_0104_2

メルヘンなお店のメルヘンなご主人だそうです。

昔、格闘技とラグビーやっていた、意外な過去を取り上げていただきました。

まぁ、東海大会に出たのですよ。これでも。静岡代表として。

img_0106_2

バンドをやっていたのですが、

その名も仏滅。

もう写真だけで吹き出してしまいます。

img_0107_2

演劇もやっていた過去も。

舞台芸術学科ですからね。

で、初めての役が殺し屋。

img_0108_2

記念すべき最初の台詞がコレです。

何とも素晴らしい番組構成。

なぜか、番組を見た人から電話が掛かってきました。

こんな反応は初めてです!

Daiich TVさん、ずん 飯尾さん、

スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!