なぜ、サッカー・音楽・ファッションは時代を魅了するのか?

世界最大のスポーツの祭典、FIFAワールドカップ!日本、善戦しましたね!

日本 対 ベルギー素晴らしい試合でした!

 

実はサッカーが好きで隣の街、藤枝MYFCの個人(小口)オーナーの一人です!たまに応援に行きます!

(もっと発信しろよ〜!と自分でも反省!)

実はサッカーと音楽とファッションの根っこが同じではないか

強く確信した出来事がありました。

 

横浜で行われたVMDセミナー。

株式会社ワールドの店舗開発を30年していたマットが講師でした。

V=Visual MD=Merchandising
ビジュアルマーチャントダイジング。
商品を購入へ導く見せ方という意味です。

現在、店のコンセプトを前面に打ち出した改装を控えています。マットの知性からヒントを得たいと思いました。

マットのセミナーは実践的!そのエッセンスと偶然の融合で面白いインスパイアーを得る事ができました!

それは懇親会で放映された日本対ポーランド。

ポーランド選手、3拍子!パスのタイミング3拍子、タタター!

点を取られたセットプレー。
セットプレーも蹴るの ワンツー スリー!

一番外を走りこむ選手がわかりやすいのですが
走るの3拍子!タタタ タタタ!もろ3拍子です!

こんな事言ってるサイトも無かったので音楽の先生に相談。

「確かに3拍子だ」

驚愕しました。ポーランドと言えばポロネーズ。4分の3拍子!あのショパン。英雄ポロネーズが有名。すごいな!民族の持つ個性、特性は形を変え表出するんだと感心!

 

「あ!VMDもそうだ!」

マットのセミナーで学んだ内容とある閃きが融合しました。

 

ファッションがVMDで見せたいもの
流行って何?トレンドはなぜ生まれたか?

 

VMDの根源であるファッションのシステムはパリで発明されました。パリ万博でジャポニズムが席巻。モネ、ドガ、ゴッホといったエコール・ド・パリと呼ばれる印象派がセンセーションを巻き起こしたのは有名ですね。

「ジャポニズム」の画像検索結果

「エコール・ド・パリ 浮世絵」の画像検索結果

(Wkipedia より)

ちょうど、産業革命が行き渡り中産階級が興ります。
ティモニエにより開発されたミシン。1860年アイザック・シンガーにより大量生産が可能に。衣服の世界でもポールポワレが「キモノスリーブ」を発表。ブームに迎合します。

(Les Modes de la femme de France)

ギャラリー・ラファイエット」が劇場の手法を用いてライフスタイルを提案。百貨店の出現です!

(パリに行った時に撮影しました。確かに劇場みたい!)

大量生産により、prêt(プレ)「用意ができている」porter(ポルテ)「着る」プレタポルテが消費の中心になります。そうファッションが流行というシステムを作り大量生産を行いVMDで売る!

(モードを体感するってこれかー!マットのおかげで様々な情報が連結!)

前置きが長くなりましたが、ファッションもモードという文化的背景が背骨にあります。もっと踏み込んで言うなら民族文化を取り込みビルドしスクラップして(シャネルがポワレをすり潰したように)新陳代謝に繋げてきました。ファッションが消費の中心だったのも頷けます。

 

音楽のモードも同じ

 

この文章のテーマの一つでもある音楽。
音楽もモードがあり、ファッションのモードと共通点があります。これも「民族」なのです。

Cのモード
Cからスタート アイオニアン
Dからスタート ドリアン

(そんなのあるんだ。へー。でいいです。そんな響きの話)

このモードの起源はギリシャです。
なんとギリシャの民族の特徴が旋律となっています。

ドリア=ドーリス人
ロクリアン=ロクリア人
イオニアン=イオニア人
ミクソリディアン=南リディア人

民族=音楽

余談になりますが、このモードで有名になったのが天才マイルスデイビス!

モード旋法のヒット曲「So what」
ディビスは楽譜にモードの音階だけ書いてメンバーに「これで演奏するように」言ったそうです。

この曲のモードはドリアン。ドーリス人の音階。

ドーリス人はスパルタを作り、ドーリス式という建築様式を残しました。民族から発する色彩は今も褪せる事なく私たちの生活を豊かにしています。

 

音楽とサッカーVMDの背景は同じ

さぁ、いよいよ結論です!

音楽とファッションとサッカーの相関関係が明らかになったでしょうか?モードがしっかりビジュアライズされる事

W杯サッカーでは各民族のモードが垣間見れました。

日本はどうでしょう?

日本は田植えを思わせる正確でコツコツしたパス回し。
我慢という言葉が相応しい。さすが1000兆円も溜め込んだ民族です。しかし突然、祭りのように開放する瞬間もありそこが魅力です。

ベルギーも3拍子で走ってましたね!ベルギー、オランダ、ポーランドは3拍子の踊りを共有しているそうです。強い理由はそこでしょうか?

日本は惜しいという印象ですが

シュートはベルギー24 対日本は11

枠内を捉えたのが8対4

ブロックが6対3

数値的には倍の実力の相手を日本が耐えに耐え、かつ攻めた。凄まじい戦いをよく日本代表は頑張りました!えらい!

 

ルートから生まれるモード

「モード」が影響して、音楽、ファッション、サッカーのプレースタイルにまで影響を与えてると思います。

 

世界観=モード=民族が持つリズム

それプラス、自分の根(ルート)

明確な可視化と様式の構築が必要ですね。

それが感動的なVMDだと思います。購買により社会の一員として経済を動かしている事が美術館と大きく違う所だと思います。そう、経済もモードの一部!

 

ファッションにどこの文化のどの時代、どんなリズムが流れているのか?そこまで意識できると面白そうです!

 

逆にそこが曖昧になりコモディティ化。

ファッションが時代の制服として退屈な役割を担う事になったのでしょうか?本来はダイナミックで感動的なものなんです!

 

そうそう、ルーツが大事という話のオマケで実はワールドカップ過去19大会。

優勝国は自国人の監督が率いているそうです。

自国のモードを引き寄せるのが大切のようです!

スポーツも音楽もファッションもモードから逃れられない。
いや、モードを持たないといけない!それを強みにする事が必要だと思います。

特にサッカーは久しぶりに日本を再発見する事ができました!
これからは世界の強豪のモードも楽しみたいと思います!

あと、藤枝MYFC 活躍を期待してるよーー!

【ピアノコンクール】新たな音楽の解釈

人生初めて、ピアノのコンクールというのを見に行きました。

僕は小学校からオーケストラに参加していてコンサートの会場は慣れていました。

ピアノのコンクールは正直、どんな雰囲気か想像もつきません。

看板は第22回 静岡ピアノオーディション

開催は ピアノ指導者研究会。

活動内容は、静岡ピアノオーディションを毎年開催しているそうです。

 

題目というのが決められていていて娘は「剣士の登場」

 

印象は、ずいぶんひょうきんな曲だな〜

 

↓こんな人達が登場する音楽だと思っていました。

1205_2.jpg

ちなみに「ピエロのように」という指定があったのです。

コンクールはずーっと同じ曲を何人も入れ替えで弾きます。

みなさんピエロのようにはねる感じで弾いていました。

 

さあ、結果発表!!

落選!!残念。

「どうしたらいい?」そういう娘に

「受かる、受からないは相手の好みがあるから仕方ないよ。それよりも目標に向けて努力する事が何よりも大切だから努力を続ければ必ず成功する事ができるよ

そう励ましておきました。

まぁ、自分にも言い聞かせておいたのですが。

しかし、なんで剣士の入場がピエロ?

この曲は Entrance of the Gladiators

グラディエーターの入場。れっきとした勇ましいマーチです。

ローマ帝国に興味のあったチェコのユリウス フチークがブラスバンドのために作った作品です。

グラディエーターとピエロじゃずいぶん作者の意図と違いがあるのですが、子供のコンクールで殺し合いでは不都合でしょう。

時代や目的において音楽は聴衆のために使われるものなのだと強く意識した出来事でした。

新しくなっていたハーブの勉強。一からやりなおしです!

自由が丘〜〜自由が丘〜〜

オシャレな街、東京自由が丘です。

緑がいっぱいで癒されます!

 

ココは僕がハーブの資格を取った学びの街。

スタッフにお店お願いして、さらに上の資格取りに来ました。

 

今日、来てびっくりなこと!

①教科書変わっていた

なんと、改訂されて内容などが進化。

単語も変わったのです!

仕方がないので買いました。新しいの。

 

②以前の教室、取り崩し

学び慣れたあの教室が無くなっていました!

新しい教室は見晴らしが良いです。

 

③小売のお店も全く変わっていた

お店改装です。しかもスタッフまで大幅に変更です。

 

正直、単語が変わってわからん所もありました。完全に忘れていた所も多数。

 

まぁいいか。

新しい教科書で勉強!自分を見直すいい機会です!

 

お昼は近所の中華屋さん。

ジャージャー麺が本当に美味しい。意外な発見でした。

一緒に出された 巨人13連敗の新聞見て、つらくなってしまいました。巨人好きじゃないけど初めて共感。

スランプ、あるよね。がんばれ。

どん底とも言える状況が重なる事もあるよね。

 

焦らず、自分のできる事をコツコツやろう。

そう思った出張でした。

日本を半分旅して思った事

犬山で洋服の展示会でした。

洋服屋は流行やデザインを展示会で発注します。

世界観が大事です。

流行に守られながら流行のままだと平凡。

面白い業界です。

次に東京で 国際カフェショー

外食も大変な時代。いかに個性を出すか勝負です。

 

それにしても、長い距離を移動したのですが

日本ってスゴイなと思いました!

 

ホスピタリティがスゴイです。

思いやる心ですね。

外国の展示会では結構、敵か味方か!

そんなピリピリ感が満載です。

 

日本のお客様は全力でサポートしてもらえます。

仕事に対する何かが違うと思うのです。

 

アパレルは殺されるようですが、日本のホスピタリティが次の豊さを生むことになるのでは?と思いました。

早速、これから仕事に応用してみます!

【社長は孤独】ライオンズの理事会へ出席

こんにちは。ハーバル社長です。

ライオンズという会に入っています。

ライオンズ??聞いた事がある方がいらっしゃるかもしれません。

平たく申しますと事業者が世の中に貢献しましょう。そんな趣旨の集まり。

 

1917年、アメリカ・シカゴ実業界の38歳のリーダー、メルビン・ジョーンズ 「仕事の問題を超えて地域や世界をよりよくするために貢献していくべきだ」と呼びかけ。ジョーンズが所属していたシカゴ・ビジネス・サークルは、この考えに賛成してライオンズクラブができたそうです。

 

今年はちょうど100周年。

何か世の中に役立てようと、いろいろと企画して予算を通すのが理事会。

いろいろ紆余曲折ありましたが、ようやく終わりを迎え、ライオンズはどうあるべきか?最後に意見を聞かれました。

「経営者は孤独です。横のつながりを持ち、成功を分かち合える仲間が必要です。」

何人も共感してくれる人がいて嬉しかったです。

成功なんて今の時代、少ないけど。わかってくれる仲間がいることが何よりも財産。

 

 

多くを望まず、誰からも好かれなくてもいい。

これから言葉をとことん磨いて行こう。心をとことん磨いてゆこう。

そう思った理事会でした。